Coffeebleはリーダーでサポートされています。 当サイトのリンクから購入すると、無料でアフィリエイトコミッションを獲得できる場合があります。 もっと詳しく知る。

フレッシュローストSR500SR540 コーヒー豆焙煎機レビュー

概要:フレッシュローストSR500SR540コーヒー豆ロースター

フレッシュローストSR540
  • 理想的なエントリーレベルのマシン
  • 一連のユーザーフレンドリーな機能
  • 初めてコーヒーを焙煎してみることができます(1)。
  • 流動床対流熱は、熱風を使用して高品質の焙煎を行います。
焙煎に慣れていない場合、またはポップコーンポッパーのようなDIY方式からアップグレードする場合は、これが最適なマシンになると思います。 –スウィートマリアズ

自宅で自分の生コーヒー豆を焙煎するのは楽しい趣味であることはすでにご存知でしょう。 それはあなたにお金を節約し、よりおいしいコーヒーを生産します。 しかし、FreshRoastSR540が市場で最高のエントリーレベルの家庭用コーヒー焙煎業者のXNUMXつであることをおそらくご存じないでしょう。 詳細については以下をお読みください フレッシュロースト SR500 SR540レビュー そして、この便利なアプライアンスがあなたのためのものであるかどうかを調べてください。

SR540コーヒー焙煎機の簡単なレビュー

フレッシュローストの新しいSR540ホームコーヒーロースターは、トレンディなSR500モデルのアップデートです。 より多くの温度設定、再設計された焙煎チャンバー、およびより直感的なコントロールを備えています。 したがって、それは私たちのリストに加わります 最高の家庭用コーヒー焙煎業者.

この手頃な価格の流動床ローストは、対流に依存して、初心者でもすぐに習得できる高品質のローストを製造します。

確かに、フレッシュローストの容量が小さいことは、コーヒーを大量に飲む人にとっては邪魔になるかもしれません。 しかし、それはホームロースターに小ロット実験のためのユニークな機会を提供します。

プロたち

  • 手頃な価格で高品質の焙煎

  • 簡単に使える
  • 9温度設定
  • お手入れが簡単なチャフコレクター

コンズ

  • 小容量

  • 煙抑制なし
  • SR500と互換性のある部品はありません

SR540コーヒー焙煎業者の完全なレビュー

フレッシュローストのホームコーヒーロースターのSRファミリーは、世界的なベストセラーであり、正当な理由があります。 このレビューでは、SR540がどのように積み重なるかを確認できるように、家庭用コーヒーロースターのいくつかの重要な機能について説明します(2).

使いやすさ– 4.5 / 5

この非常にユーザーフレンドリーなロースターは、初心者を念頭に置いて設計されました。 しかし、専門家はここでもたくさんの愛を見つけるでしょう。

SR540はコンパクトで静かです。 ファンの速度、温度、焙煎時間などの調整可能な機能を制御するために、単一のダイヤルと新しい大型のディスプレイが使用されます。 SR540は9つの異なる温度を提供し、温度をリアルタイムで読み取ることができます。 初心者にとっては、工場出荷時の設定が出発点として最適です。

フレッシュローストSR500と比較して、ローストチャンバーはベースにしっかりと固定されるように再設計されています。 豆の循環を良くするために、幅も広くなっています。 いくつかの美的調整により、視認性が向上しました。 最後に、ホットチャンバーに触れる必要がないようにハンドルが追加されました。

焙煎能力– 3 / 5

SR540の焙煎室は比較的小さい4オンスです。 それは約XNUMXガロンのコーヒーです。 したがって、コーヒーをたくさん飲むと、頻繁に焙煎しなければならないことに不満を感じる可能性があります。

一度にXNUMXオンスという小さなバッチサイズで、新しいレシピや豆の種類を使って小さなバッチで簡単に実験できます。

比較のために、カルディワイドホームロースター 10.5オンスの容量を備えています。 別の方法として、小さなNuvoEcoセラミックコーヒー豆ロースター わずか2.4オンスに対応 一度に。

焙煎時間– 5/5

SR540は、その小さなサイズと効率的な加熱のおかげで、非常に速くローストします。 ライトローストからダークローストまでは6分から9分かかります。 このマシンのもう3つの優れた機能は、実行/冷却ボタンです。 ボタンは、冷気をチャンバーに送り込むことにより、すぐにXNUMX分間の冷却サイクルを開始します。 豆が過度に焙煎されないようにするには、効率的な冷却が重要であることに注意してください(3).

最後の-しかし非常に重要な-焙煎の一部は冷却です。 ローストを止めるときは、実際に止めたいのです。

Tomi Nieminem、バリスタ研究所

クリーニング– 3.5 / 5

通常、家庭用コーヒー焙煎業者を掃除するということは、グリーンコーヒー豆が乾くときに漂う、もみ殻の味のない薄片状の材料を廃棄することを意味します。 SR540は、内蔵のチャフコレクターでこれを容易にします。 各焙煎後にコレクターを簡単に空にすることができます。 ただし、SR540もここでいくつかのポイントを失います。 消火システムはありません。 したがって、必ず屋外または換気の良い場所で使用してください。

GIPHY経由

フレッシュローストSR500のヒント

SR500(SR540)の使い方はとても直感的です。 しかし、ここに保証するためのいくつかの追加のヒントがあります 素晴らしいコーヒー豆.

  1. ファンの設定を最適化するときは、豆をタンブリングするために高い位置から開始し、スイートスポットに達するまで下げます。
  2. ローストを開始するときは、ロースターのカウントダウンと一緒に別のタイマーを使用してください。 SR540タイマーを開始、停止、またはオーバーライドしても、豆を焙煎した時間はわかります。
  3. 最高の風味を得るには、焙煎した豆を6〜24時間「休ませる」のが最善です。
  4. 上質な絵筆は、それらの厄介なフレークをもみ殻コレクターから取り除くための素晴らしい方法です。 

これは本当にあなたのためですか?

あなたがコーヒーの家の焙煎に不慣れであるか、または探しているなら 現在 コーヒー愛好家にとって、これは素晴らしいマシンです。 安価で使いやすいです。 あなたはあなたの時間とお金の最小を投資する必要があります。 高度な焙煎業者は、SR540を使用して少量を焙煎し、さまざまなインゲンまたは焙煎レベルを試すことができます。

フレッシュローストsr500レビューグリーンvsローストコーヒー豆

このIFを購入しないでください

機能的なFreshRoastSR500自動コーヒー豆焙煎機をお持ちの場合は、アップグレードする必要はありません。 特に、XNUMXつは互換性のある部品を共有していないためです。

大量のバッチを焙煎したい場合、SR540は測定しません。 代わりに、28オンスの容量を焙煎する電気Jiawanshunコーヒー豆焙煎機を検討してください。

高度な製品を探している経験豊富な焙煎業者は、SR540が少しエントリーレベルすぎると感じるかもしれません。 より良い選択はKaldiWideです。これは、基本的に家庭用に縮小された商用グレードのドラムロースターです。

ボトムライン

フレッシュローストSR540は 素晴らしいエントリーレベルの家庭用コーヒー焙煎業者。 コンパクトで安価、使いやすいです。 最も重要なことは、それは素晴らしいコーヒーを焙煎します。 初めて自家焙煎を試したい場合、またはポップコーンメーカーからの標準以下の結果にうんざりしている場合は、SR540が最適です。

フレッシュローストSR540コーヒーロースター

アマゾンで見る

リファレンス
  1. Cho、N.(2013年17月2013日)。 自宅でコーヒーを焙煎する必要がありますか? https://drinks.seriouseats.com/12/XNUMX/why-you-shouldnt-roast-coffee-at-home-pros-cons-green-coffee-roasting-kit.htmlから取得
  2. Djalev、G.(2020年23月2020日)。 ホームコーヒー焙煎の台頭。 https://www.perfectdailygrind.com/03/XNUMX/the-rise-of-home-coffee-roasting/から取得
  3. Nieminen、T.(2017年1月2017日)。 自宅でのコーヒー焙煎:愚かなアイデアまたは料理の冒険? https://www.baristainstitute.com/blog/tomi-nieminen/june-XNUMX/coffee-roasting-home-stupid-idea-or-culinary-adventureから取得

コメント

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.

共有経由
リンクをコピーする